慌てず修理業者に依頼!給湯器の故障はすぐに専門業者に相談

給湯器を定期的にチェックして故障の前兆を見逃さない

慌てず修理業者に依頼!給湯器の故障はすぐに専門業者に相談

設置

故障したら取るべき行動

ガス給湯器の故障は、お湯が出ないという不便さが先行してしまい家事が進まなくなる場合があります。ただ「故障した」というだけでは、一酸化炭素の発生など危険をもたらすことも考えられるので、不具合が生じたり故障に気付いたりした場合は、ガス火を落とした後、すぐにガス給湯器の元栓を閉じガスの供給を止めましょう。その後、ガス給湯器の販売会社に連絡を取り故障診断や修理を依頼することが大切です。調子が悪いまま使い続けると、一酸化炭素中毒にかかるリスクがある他、爆発・火事といった事件につながることもあることは必ず覚えておきましょう。

依頼する業者の選定が大事

ガス給湯器が故障した場合は必要な措置をとって、修理業者へ連絡を取る事が大切です。でも、「どの業者に連絡を取ればいいか分からない」ということも多くあります。業者の中には、すぐに新品の購入を進めてくるところもありますし、修理は受けてくれるけれど、部品の取り寄せに時間がかかり長期間給湯器を使えない生活を強いられることもあります。修理が可能かどうかその場で判断し、わかりやすく説明をした上スピーディーに修理を行ってくれる業者に依頼できると助かります。

修理代の相場を知っておこう

ガス給湯器の修理を依頼する時は相場が気になります。機種や故障の程度と言ったケースバイケースで修理費用が変わりますが、大体一万円前後が相場ととらえ、このくらいの金額で修理ができると考えるとよいでしょう。この他業者によっては、修理費用の他に出張費を請求することもあります。出張費を合わせると1万五千円程度を見積もっておくとよいでしょう。修理を依頼する時には業者に大体の修理費に関して質問をすると概算ですが見積もりを知らせてくれることがあります。

業者を利用して修理した人々の声

親身になって修理をしてくれました

冬場の故障でしたので、修理対応してくれた方が私の体を気遣ってくださいました。修理対応で直るとのことだったので即お願いしました。今日の夜ごはんの支度からお湯が出るようになって安心しました

リコール対象品とのことで無償修理をしてもらえました

キッチン用のガス給湯器がリコール対象品であることが分かり、修理の担当者さんが無償修理をしてくれました。経年劣化で買い替えを指摘されましたが、あと何年この家で過ごせるかという年齢でしたので修理を選びました。

新しく買い直すことにしましたが安く購入できました

修理を依頼しましたが、部品供給が終了したとのことで修理ができず新しく購入することになりました。業者に予算の話をしたところ、買い替えとのことで安い機種を紹介してもらうことができました。予算内に収めることができ安心しました。

丁寧に対応してもらえました

電話での修理依頼から丁寧に対応してもらえました。自宅訪問の時も清潔感がありきちんとした挨拶ができる方で安心しました。修理の方も床にシートを敷くなど気遣いを見せてくれて、安心してお任せすることができました。

修理費用も分かりやすく納得できました

給湯器の故障による修理をお願いしました。どういった部分に不具合が生じているのかを説明した後、修理する部位や部品について詳しく説明してくれました。修理費用の請求の時も見積もりを提示してくれて、細やかな内訳に納得しました。

給湯器の不調をいち早く察知!日頃から状態をチェックしよう

給湯器のタネ火が付きにくくなった、くすぶったニオイが充満するようになった、外付けの給湯器の湯温が上がりにくくなったなど、給湯器のトラブルは危険につながる伏線ととらえましょう。火事や事故を防ぐために早めに専門業者によるメンテナンスや修理を受けましょう。メンテナンス不要の機種でも、エラーメッセージが出ていないか、タネ火の色は赤くないかなど日ごろのチェックが大切です。毎日使う方が感じる「何かおかしい」が給湯器のトラブルを知る大きなきっかけとなりますよ。

広告募集中